顧問契約&料金表

auto-vDYWl2.jpg

不動産投資に特化した税務&アドバイスのサービスを提供します
もっと詳しく

金融機関の紹介

auto-khMv2I.jpg

物件の力以上に重要になることもある借入条件。不動産投資に特化した事務所だからこそ紹介できる金融機関とのパイプを是非ご利用ください。
もっと詳しく

法人化

auto-wP0DXi.jpg

不動産投資において最も大きな節税効果をもたらす法人化。
しかし、本当に法人化すべきかどうかは人の環境によって変わります。
もっと詳しく

消費税還付

auto-L9nBZQ.jpg

今では難しくなった消費税還付。しかしできないわけではありません。
弊所では違法性のない適切な処理で消費税を還付します。
もっと詳しく

シミュレーション

auto-jsDaqh.jpg

不動産投資は常に、購入から売却までトータルで検討する必要があります。
最近の相場と比べて、高い(安い)といった曖昧な感覚で購入しないように気を付けましょう。
もっと詳しく

各種ご相談

auto-UxZS9r.jpg

不動産投資にまつわる各種ご相談をお受けいたします。
最新の税制から、個人の今後の方針など。
一人では解決しない時は是非ご連絡ください。
もっと詳しく

不動産投資にまつわる参考情報

「金銭消費貸借契約書」「不動産売買契約書」の収入印紙

契約金額金消契約の印紙売買契約の印紙
1万円以下非課税非課税
1万円超 10万円以下200円200円
10万円超 50万円以下400円200円
50万円超 100万円以下1,000円500円
100万円超 500万円以下2,000円1,000円
500万円超 1,000万円以下10,000円5,000円
1,000万円超 5,000万円以下20,000円10,000円
5,000万円超 1億円以下60,000円30,000円
1億円超 5億円以下100,000円60,000円
5億円超 10億円以下200,000円160,000円
10億円超 50億円以下400,000円320,000円
50億円超600,000円480,000円

「領収書」の収入印紙

契約金額領収書の印紙
5万円以下非課税
5万円超 100万円以下200円
100万円超 200万円以下400円
200万円超 300万円以下600円
300万円超 500万円以下1,000円
500万円超 1,000万円以下2,000円
1,000万円超 2,000万円以下4,000円
2,000万円超 3,000万円以下6,000円
3,000万円超 5,000万円以下10,000円
5,000万円超 1億円以下20,000円
1億円超 2億円以下40,000円
2億円超 3億円以下60,000円
3億円超 5億円以下100,000円
5億円超 10億円以下150,000円
10億円超200,000円
受取金額の記載のないもの200円
土地算定式
売買固定資産税評価額×15/1,000 (※1)
相続・法人の合併・共有物の分割固定資産税評価額×4/1,000
贈与・交換・収用・競売等固定資産税評価額×20/1,000

(※1)平成29年3月31日までの間に登記を受ける場合
  本則は20/1,000

建物算定式
所有権の保存(新築)固定資産税評価額×4/1,000
売買又は競売固定資産税評価額×20/1,000
相続又は法人の合併固定資産税評価額×4/1,000
贈与・交換・収用等固定資産税評価額×20/1,000

※個人が、住宅用家屋を新築又は取得し自己の居住の用に供した場合については別途軽減措置有。

抵当権の設置算定式
設定債権金額×4/1,000
建物・土地算定式
土地固定資産税評価額×1/2×3/100 (※1)
建物(住宅)固定資産税評価額×3/100
建物(非住宅)固定資産税評価額×4/100

(※1)平成30年3月31日までに取得した宅地に限る
  本則は固定資産税評価額×3/100

建物(住宅)耐用年数定額法定率法
(H24年4月以降取得)
定率法
(H19年4月以降取得)
木造22年0.0460.0910.114
鉄骨(3ミリ以下)19年0.0530.1050.132
鉄骨(3ミリ超4ミリ以下27年0.0380.0740.093
鉄骨(4ミリ超)34年0.0300.0590.074
RC47年0.0220.0430.053

※平成19年3月31日以前取得の場合、旧定額法・旧定率法の採用となります。

※中古の場合の耐用年数の算定式
 原則法:見積もり
 簡便法:(法定耐用年数×12ー既経過月数+既経過月数×20%)÷12 (端数切捨て)
 (例)RCの築15年3か月の場合
   (47×12-183+183×20%)÷12=34.8 ⇒ 34年


詳細な耐用年数と償却率の表

耐用年数定額法定率法(200%定率法)
(H24.4.1~)
定率法(250%定率法)
(H19.4.1~)
旧定額法旧定率法
20.5110.50.684
30.3340.6670.8330.3330.536
40.250.50.6250.250.438
50.20.40.50.20.369
60.1670.3330.4170.1660.319
70.1430.2860.3570.1420.28
80.1250.250.3130.1250.25
90.1120.2220.2780.1110.226
100.10.20.250.10.206
110.0910.1820.2270.090.189
120.0840.1670.2080.0830.175
130.0770.1540.1920.0760.162
140.0720.1430.1790.0710.152
150.0670.1330.1670.0660.142
160.0630.1250.1560.0620.134
170.0590.1180.1470.0580.127
180.0560.1110.1390.0550.12
190.0530.1050.1320.0520.114
200.050.10.1250.050.109
210.0480.0950.1190.0480.104
220.0460.0910.1140.0460.099
230.0440.0870.1090.0440.095
240.0420.0830.1040.0420.092
250.040.080.10.040.088
260.0390.0770.0960.0390.085
270.0380.0740.0930.0370.082
280.0360.0710.0890.0360.079
290.0350.0690.0860.0350.076
300.0340.0670.0830.0340.074
310.0330.0650.0810.0330.072
320.0320.0630.0780.0320.069
330.0310.0610.0760.0310.067
340.030.0590.0740.030.066
350.0290.0570.0710.0290.064
360.0280.0560.0690.0280.062
370.0280.0540.0680.0270.06
380.0270.0530.0660.0270.059
390.0260.0510.0640.0260.057
400.0250.050.0630.0250.056
410.0250.0490.0610.0250.055
420.0240.0480.060.0240.053
430.0240.0470.0580.0240.052
440.0230.0450.0570.0230.051
450.0230.0440.0560.0230.05
460.0220.0430.0540.0220.049
470.0220.0430.0530.0220.048
480.0210.0420.0520.0210.047
490.0210.0410.0510.0210.046
500.020.040.050.020.045
510.020.0390.0490.020.044
520.020.0380.0480.020.043
530.0190.0380.0470.0190.043
540.0190.0370.0460.0190.042
550.0190.0360.0450.0190.041
560.0180.0360.0450.0180.04
570.0180.0350.0440.0180.04
580.0180.0340.0430.0180.039
590.0170.0340.0420.0170.038
600.0170.0330.0420.0170.038
610.0170.0330.0410.0170.037
620.0170.0320.040.0170.036
630.0160.0320.040.0160.036
640.0160.0310.0390.0160.035
650.0160.0310.0380.0160.035
660.0160.030.0380.0160.034
670.0150.030.0370.0150.034
680.0150.0290.0370.0150.033
690.0150.0290.0360.0150.033
700.0150.0290.0360.0150.032
710.0150.0280.0350.0140.032
720.0140.0280.0350.0140.032
730.0140.0270.0340.0140.031
740.0140.0270.0340.0140.031
750.0140.0270.0330.0140.03
760.0140.0260.0330.0140.03
770.0130.0260.0320.0130.03
780.0130.0260.0320.0130.029
790.0130.0250.0320.0130.029
800.0130.0250.0310.0130.028
810.0130.0250.0310.0130.028
820.0130.0240.030.0130.028
830.0130.0240.030.0120.027
840.0120.0240.030.0120.027
850.0120.0240.0290.0120.026
860.0120.0230.0290.0120.026
870.0120.0230.0290.0120.026
880.0120.0230.0280.0120.026
890.0120.0220.0280.0120.026
900.0120.0220.0280.0120.025
910.0110.0220.0270.0110.025
920.0110.0220.0270.0110.025
930.0110.0220.0270.0110.025
940.0110.0210.0270.0110.024
950.0110.0210.0260.0110.024
960.0110.0210.0260.0110.024
970.0110.0210.0260.0110.023
980.0110.020.0260.0110.023
990.0110.020.0250.0110.023
1000.010.020.0250.010.023
課税される所得金額税率控除額
195万円以下5%0円
195万円を超え 330万円以下10%97,500円
330万円を超え 695万円以下20%427,500円
695万円を超え 900万円以下23%636,000円
900万円を超え 1,800万円以下33%1,536,000円
1,800万円を超え 4,000万円以下40%2,796,000円
4,000万円超45%4,796,000円

※個人への課税は、所得税の他、住民税が10%かかります。

(例)給与所得500万円、不動産所得300万円、所得控除200万円の場合
 課税される所得金額 500+300-200=600万円
 (A)所得税額:600万円×20%-427,500円=772,500円
 (B)住民税額:600万円×10%=600,000円
  A+B=1,372,500円

利益法人税率
~400万円約22%
400万円~800万円約25%
800万円~約34%

※資本金の額又は出資金の額が1億円以下の法人(ただし、資本金の額若しくは出資金の額が5億円以上の法人又は相互会社等の100%子法人等以外)

給与収入(額面金額)給与所得控除の額
1,800,000円以下収入金額×40%(※)
1,800,000円超 3,600,000円以下収入金額×30%+180,000円
3,600,000円超 6,600,000円以下収入金額×20%+540,000円
6,600,000円超 10,000,000円以下収入金額×10%+1,200,000円
10,000,000円超 15,000,000円以下収入金額×5%+1,700,000円
15,000,000円超2,450,000円(上限)

(※)650,000円に満たない場合には650,000円

小規模企業共済:法人ではなく個人で掛ける
税法上の扱い :掛け金が「所得控除」となる
掛け金の額  :1,000円~70,000円/月(500円刻みで調整)
加入資格   :サラリーマン投資家は加入できない。
        ただし、法人(不動産所有法人でもOK)の役員になっていれば加入できる


(例)掛金月額1万円で、平成16年4月以降に加入された場合

掛金納付月数掛金残高共済金A共済金B準共済金解約手当金
5年600,000円621,400円614,600円600,000円480,000円
10年1,200,000円1,290,600円1,260,800円1,200,000円1,020,000円
15年1,800,000円2,011,000円1,940,400円1,800,000円1,665,000円
20年2,400,000円2,786,400円2,658,800円2,419,500円2,400,000円
30年3,600,000円4,348,000円4,211,800円3,832,740円3,780,000円
請求事由・法人が解散した場合・病気や怪我により役員を退任した場合
・共済契約者の方が亡くなられた場合
・老齢給付(65歳以上で180ヶ月以上掛金を払い込んだ方)
・法人の解散、病気や怪我以外の理由で役員を退任した場合・任意解約
・機構解約(掛金を12ヶ月以上滞納した場合)



※任意解約の場合、掛け金が100%返ってくるまでに、20年かかります。
 ただし、税率差を利用すれば、メリットが出る可能性があります。

倒産防止共済 :法人で掛け金を掛けることができる
税法上の扱い :掛け金が法人の「経費」となる。
掛け金の額  :5,000円~200,000円/月(5,000円刻みで調整)
加入資格   :法人。ただし、事業所得の生じる個人事業主も加入できる。

掛金納付月数任意解約みなし解約機構解約
1ヶ月~11ヶ月0%0%0%
12ヶ月~23ヶ月80%85%75%
24ヶ月~29ヶ月85%90%80%
30ヶ月~35ヶ月90%95%85%
36ヶ月~39ヶ月95%100%90%
40ヶ月以上100%100%95%
請求事由いつでも行うことができる解約個人事業主が亡くなった
法人を解散した
法人を分割した場合
12ヶ月分以上掛金の
払込みが滞った場合
不正行為により共済金の
貸付けなどを受けようとしたとき