金利は固定化すべきかどうか

塩田会計事務所アイキャッチ

不動産投資において借入は生命線です。

また、金利が低い今だからこそ

今後どうすべきか考えなくてはなりません。

私も、固定化すべきかどうか検討中です。

まず初めに、売却するのか

持ち切るのかを考えてください。

売却を10年以内にされる方であれば

基本的には変動で安く借りる方がいいかと思います。

固定期間中に売却すれば

違約金も発生してしまいますので。

(5年固定の方が変動より安かったりしますが)

さて、売却せずに持ち続けると考えた場合

固定化すべきかどうかは

もちろん、変動金利の推移によって

異なるわけですが

ある一定の条件を設けます。

・借入金額200百万円

・金利は以下のパターン

パターンA(変動)
1年目~5年目  1.175%
6年目~10年目 2.000%
11年目~    3.000%

パターンB(固定)
 1年目~ 2.000%

「総支払額+残債(総支払額、残債)」

を比べた場合

(5年後 単位:百万円)

A(変動):210M(39M、171M)

B(固定):218M(44M、174M)

(10年後)

A(変動):222M(79M、143M)

B(固定):229M(83M、146M)

(15年後)

A(変動):247M(134M、113M)

B(固定):247M(133M、114M)

(20年後)

A(変動):263M(185M、78M)

B(固定):257M(177M、80M)

この数字を見て、どう考えるかです。

悩ましいですね。

20年後を比べると

固定金利の方が6Mほど有利です。

途中売却による違約金のリスクは

B(固定)はあるけど、A(変動)は無い。

(Bは固定金利のため)

このシミュレーションから

個人的には

20年固定といえども

2%なのであれば

あまり固定にする必要はないのかな

と思います。

ただし、金利の上昇がもっと急激であれば

結果は変わってきます。

ご参考にしてください。

不動産経営メルマガ

不動産投資に関する内容をメルマガでお伝えしています。

頻度は週1回です。

・個人の確定申告

・個人と法人のどちらが有利なのか

・不動産投資における消費税の考え方

・社宅などの節税スキーム

・減価償却費の正しい考え方

など、色々な観点から説明しています。

不動産投資において税金は最も重要な要素。

また、人によって当てはまるものもあれば

当てはまらないものもあります。

是非、ご登録ください。

↓ここをクリック

コメント


認証コード4710

コメントは管理者の承認後に表示されます。