オートロックリニューアルの相見積り結果

before_300×400 after_300×400
Before                After

所有しているマンションのオートロックが壊れました。

部品交換で対応できたらいいのですが

もう20年近く前の型なので

既に廃版になっており部品交換できず

ついにリニューアルを行いました。

エントランスのオートロックと

それと連動している

全部屋(25戸)のインターホンとドアホン

を総入れ替え。

これがまた高額になります。

マンションの数ある修繕の中でも

いくつか大きいものがありますが

主なのものは以下の通り。

・エレベーターリニューアル⇒箱やロープ、制御装置なども変えると数百万円レベル

・外壁塗装(外壁修繕)⇒足場を設けるので数百万円レベル。

・屋上防水⇒広さや屋根の形状にもよりますがこれも100万円超

そして、次に来るのが

オートロックシステムのリニューアル。

高額なのもそうですが、手続きも大変です。

各居室の中の機械も工事が必要なので

各部屋の人に連絡して日程を決めて・・・

業者さんが大変です。

そして、この「オートロックシステム」は

本当に費用対効果がよくないなと思います。

携帯電話が普及している昨今

来客や荷物の配達は予め分かりますし

アポなしのピンポンは大体不要なことが多い。

そして、各部屋にもドアホンがあるので

正直それで十分だと思ってしまいます。

これを付けることで

入居者さんが喜んでくれるならいいのですが

エレベーターと違って

必須というよりは

「無いよりはある方がマシ」

ではないでしょうか。

それはさておき

初めにヒットしたのは

いい加減な業者。

「100万円でできます!」

と言いながら、出てきた見積もりは

全然違う品番のもの。

インターホンを鳴らすと携帯つながるという仕組みの製品。

これ自体はいい商品だと思うのですが

ファミリー物件には

ちょっと不向きかと思います。

会社で仕事していてピンポンが携帯になるとか

子供の友達が来て、会社の携帯がなるとか・・・。

ということを、見積もり前にちゃんと話したのに。。。

1ヵ月以上待って出てきた見積もりがこれです。

そして、ちゃんとした製品で再度見積もりをと頼むと

・・・・300万円

初め、この1社だけしか見積もりを取っていなかったので

急遽ネットで調べて片っ端から電話です。

そうすると色々出てきました。

A社:約370万円

B社:約280万円

C社:約195万円

D社:約150万円

それにしても、見積もり内容が面白いです。

A社:約370万円-値引き0円

B社:約280万円-値引き4,580円

C社:約320万円-値引き125万円

D社:約340万円-値引き190万円

どんな値引きや!

もはやここまでくると

得した気分にもなりません。

何が良くて何が悪いのかよく分かりませんね。

建築業界の変な見積りでした。

やはり、相見積もりはしないとダメですね。

今回は、オートロックの故障なので

壊れたままでも生活にそれほど支障がないので

相見積もりする「時間」がありましたが

エレベーターの故障となると

相見積もりする時間がなくて

業者の言うがままにされてしまいそうです。

ある程度年数が来たら

壊れる前に相見積もりだけしておいた方がよさそうですね。

不動産経営メルマガ

不動産投資に関する内容をメルマガでお伝えしています。

頻度は週1回です。

・個人の確定申告

・個人と法人のどちらが有利なのか

・不動産投資における消費税の考え方

・社宅などの節税スキーム

・減価償却費の正しい考え方

など、色々な観点から説明しています。

不動産投資において税金は最も重要な要素。

また、人によって当てはまるものもあれば

当てはまらないものもあります。

是非、ご登録ください。

↓ここをクリック

コメント


認証コード8729

コメントは管理者の承認後に表示されます。