退職金をうまく使うコツ

100万円

退職金をうまく使えば税金を節約することができます。

こんな話は何となく聞いたことがあると思います。

しかし、うまくやらないと節税にならず

返って税金をたくさん払うということにもなりかねません。

それでは、どうすればうまくできるのか。

ポイントは2つです。

・勤続5年以上

・役員報酬をしっかり支払っておく

退職金にかかる税金の算定式は

(退職金-退職所得控除)×1/2×税率

です。

そして

退職金の最大のメリットは

「1/2」できるところです。

1/2を受けるためには

勤続5年以上でないといけません。

そして、

役員報酬を普段から支払っていないといけません。

これは、普段報酬は0円なのに

退職金だけ多額に発生するとなると

法人側で経費扱いできなくなるからです。

つまり

退職金を租税回避に利用している場合は

経費として認められませんよ

ということ。

具体的に

法人で経費として認められる金額は

「最終報酬月額×勤続年数×功績倍率(2倍~3倍)」

です。

例えば、

100万円(最終報酬月額)×10年(勤続年数)×2倍(功績倍率)=2千万円

という風に計算されます。

よって、普段から役員報酬をしっかり払っておくことが重要になります。

また、「退職所得控除」というのは

勤続年数によって異なるのですが

20年以下:40万円×勤続年数

20年超 :70万円(勤続年数-20年)+800万円

となります。

例えば、勤続40年であれば

70万円×20年+40万円×20年=2200万円

となります。

つまり、2200万円までは税金がかかりません。

ただ、資産所有法人となると

40年というのは稀です。

やはり、せめて1/2を取れるように

5年以上は勤続しておいてください。

なお、退職金で一時的に赤字になっても

金融機関は割と大目に見てくれます。

・一時的なこと

・法人から個人へお金が移動しているだけのこと(合算したら同じ)

上記の点から、金融機関の担当者は作文が可能です。

是非、トライしてみてください。

不動産経営メルマガ

不動産投資に関する内容をメルマガでお伝えしています。

頻度は週1回です。

・個人の確定申告

・個人と法人のどちらが有利なのか

・不動産投資における消費税の考え方

・社宅などの節税スキーム

・減価償却費の正しい考え方

など、色々な観点から説明しています。

不動産投資において税金は最も重要な要素。

また、人によって当てはまるものもあれば

当てはまらないものもあります。

是非、ご登録ください。

↓ここをクリック

コメント


認証コード8797

コメントは管理者の承認後に表示されます。